【Photoshop】簡単にレトロな雰囲気!色収差(赤と青の色ズレ)加工のやり方

色収差とは

目次

https://risubibo.com/wp-content/uploads/2021/07/リスメガネ-300x300.png

こんにちは。リスメガネです。
最近よく見られるイラストや写真で、「色収差」風の加工があります。(「RGBずらし」とも呼ばれるそうです。)

色収差風の加工

上のイラストをズームすると、本来の線の位置から数ピクセルずらしたところに、赤と青い線が見えるのがおわかりでしょうか。

チャンネルをもどす

もともとは、カメラのレンズが像をつくるときに、光の波長によって屈折率が異なるために起こる現象だそうです。
これに似せることで、レトロ感を出したり、エモーショナルな雰囲気を演出することができます。

今回はこのような色収差と呼ばれる現象をAdobe Photoshopで再現する加工方法についてお伝えします。

やり方

こちらのイラストを例に、加工方法を紹介します。

女の子のイラスト

もしサイズが厳密に決まっているイラストの場合、あらかじめメニューバーの イメージ>カンバスサイズ で、カンバスサイズを今より少しだけ大きい値にしておきます。今回はもともとは1000ピクセル×1000ピクセルだった画像を1010ピクセル×1010ピクセルにしておきました。

少し大きく

画像の周りに余白ができたのを確認したら、レイヤーのロックをはずします。

レイヤーのロック解除

次に、チャンネルタブを開くか、メニューバーの「ウィンドウ」>「チャンネル」 を押してチャンネルのウィンドウを表示させ、「RGB」「レッド」「グリーン」「ブルー」のうちの「レッド」をクリックします。

チャンネルをレッドに

全選択(ショートカット⌘A)をし、キーボードの十字キーを押して任意の場所に動かします。例では右に2ピクセル動かしています。

位置をずらす

チャンネルの「ブルー」または「グリーン」を選び、再度全選択(ショートカット⌘+A)をします。十字キーで先ほどのレッドとは違う方向に同じだけ動かします。例では、左に2ピクセル動かしました。

青も同様にする

チャンネルを「RGB」に戻し、好みの結果になっていたら、メニューバーのイメージ>カンバスサイズで元の数値に戻しておきます。

チャンネルをもどすカンバスサイズを戻す

完成です。

Photoshop色収差

おわりに

「レッド」や「ブルー」「グリーン」のチャンネルでイラストの位置をずらしたときは白黒の絵の位置が変わるだけで、結果が見られないので、最初は本当にできているのかと戸惑うかもしれません。何度かチャンネルを行ったり来たりして、好みのズレになるまで調整するとよいでしょう。

イラストはもちろん、写真にもこのような一手間を加えると、どこかレトロでおしゃれな作品に仕上がります。よく見ないとわからない程度にさりげなくやってみるのもいいですし、あえて大きくずらしたり、いろいろと試してみることをお勧めします。ぜひ好みのズレ具合を見つけて、レトロな雰囲気を楽しんでください。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

リスメガネ
管理人:リスメガネ

北海道在住の新しいもの好きの会社員です。

学生時代、子供向けのプログラミング教室でデザイナーとレッスン講師をしていた経験があります。

このブログでは、プログラミングやデザインの作業過程や、作業の中で発生した困りごとの解決方法を紹介していきます。

最近の記事

  1. 【Googleマップ】マイマップで引いた線を編集する方法

  2. 【Chat GPT】Figmaのプラグイン×ChatGPTに関して

  3. 【Adobe Fresco】ピクセルレイヤーとベクターレイヤーの特徴

TOP