【GoogleMap】マイマップをコピーする方法

はじめに

目次

この記事では、GoogleMapのマイマップをコピーする方法を解説します。すでに作ってあるマイマップと共通の内容であれば、一から作成するより、複製したものを手直しするほうが効率的です。Googleのサービスのいいところでもあるのですが、Googleスプレッドシートなどと同じように、編集するとその都度自動保存されてしまいます。誤まった操作をしたときのためにバックアップをとっておくと安心です。

https://risubibo.com/wp-content/uploads/2021/07/リスメガネ-300x300.png
リスメガネ

誰かと共有する前にコピーを保存しておくと安心!

GoogleMapのマイマップをコピー

オンラインでコピーをとる方法は3つあります。どちらのやり方でもコピー元と同じようにGoogleのマイマップの一覧からアクセスできます。

その1:マイマップの一覧からコピーする

マイマップの一覧のメニューから操作します。

まずGoogleMapのメニュー>マイプレイス>マイマップの順にクリックしていき、今まで作ったマップ名の最下位にある「マイマップを全て見る」を押します。

マップの一覧が表示されたら、右上の3点アイコンをクリックして、「コピー」を選びます。新しいタブで複製されたマップが表示されるので、名前を変更します。

その2:マイマップを開いた状態でコピーする

上記と同様にGoogleMapのメニュー>マイプレイス>マイマップの順にクリックしていき、コピーしたいマップを選びます。

マップの内容が表示されますが、「マイマップで開く」を押して編集するための画面に移動します。

マップのタイトル右横の3点アイコンを押して、「地図をコピー」を選び、新しい名前を入力します。

「これまでと同じユーザーと共有」

コピーしたマップも、引き続きコピー前と同じ人と共有したいときに「これまでと同じユーザーと共有」のチェックボックスにチェックを入れます。

その3:Google ドライブでコピーする

GoogleMapのマイマップデータはマイドライブに保存されて、そこからアクセスすることもできます。

コピーしたいマップデータの上で右クリックし、「コピーを作成」を押せばOKです。

マイマップをローカルに保存

コピーとは少し異なりますが、マイマップのデータをローカルに保存する方法もあります。再度マイマップで開くと経路がただのラインになったりと、外観が若干変化してしまうというデメリットがあるものの、描かれる線の位置は変わらないので今後編集しないものなら完成版としてローカルに保存しておくのもよいかもしれません。

やり方

マップを開いた状態で3点アイコンを押し、下から2つめの「KML/KMZにエクスポート」を押します。

地図全体を保存するか、レイヤーごとにエクスポート(保存)するかが選べます。

何もチェックを入れなければKMZ、チェックを入れればKMLでエクスポートされます。

わたしはこのKMLでのエクスポートを時折使っています。特に自転車で通るルートを決める時に活躍します。出発地と目的地を入力してざっくりと経路を引く→KMLでエクスポート→再度アップロードしてマップ上では通れない細い道を手作業で線を引く、というプロセスで自分だけのサイクリングコースが作れます。

GoogleMapの経路検索機能だとサイクリングロードの一部しか通れなかったり、自転車道として登録されていない道などもあります。ある地点間の決まった経路は場所を指定して一気に線を引き、細かいところは手でラインを描くという使い分けをすることで、最初から最後まで手作業で引く必要がなく効率的です。

最後に

マイマップのコピーの仕方を検索すると「一度ローカルに保存しましょう」といった少し古い情報が上の方に出てきていたので、web上でマップごとコピーできることを紹介しようと思い本記事を書きました。

慣れている方なら調べずにわかるかもしれませんが、わたしがGoogleMapで初めてマップを作った時はコピーしようにもすぐにはやり方がわかりませんでした。困っている方のお役に立てればうれしいです。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

リスメガネ
管理人:リスメガネ

北海道在住の新しいもの好きの会社員です。

学生時代、子供向けのプログラミング教室でデザイナーとレッスン講師をしていた経験があります。

このブログでは、プログラミングやデザインの作業過程や、作業の中で発生した困りごとの解決方法を紹介していきます。

最近の記事

  1. 【Googleマップ】マイマップで引いた線を編集する方法

  2. 【Chat GPT】Figmaのプラグイン×ChatGPTに関して

  3. 【Adobe Fresco】ピクセルレイヤーとベクターレイヤーの特徴

TOP