【Adobe Fresco】指先ツール・ブラシでイラストをぼかす

Adobe Frescoのぼかしのやり方

目次

リアルでも描いた跡を指やティッシュでこする技法がありますが、Adobe Frescoでも「ぼかし」をすることで描いた跡をなじませたり、色と色の境界を曖昧にし、なめらかに見せることができます。今回はAdobe Frescoでイラストをぼかす方法を2つ紹介します。

その1:指先ツールを使う

指先ツールの基本

指先ツールはピクセルブラシまたは水彩・油彩ブラシで描画した、ピクセルレイヤーで使用可能です。(ベクターレイヤーに指先ツールは使えません。)

ちなみに、挿入した画像をぼかすこともできます。画像レイヤーを指先ツールで押してみると「ピクセルレイヤーに変換する必要があります」という文言が出て「変換」を押すと、画像もぼかせるようになります。Photoshopのような画像編集ツールでなくてもぼかしの加工ができてしまいます。興味がある方は試してみてください。

使い方

指先ツールの使い方は簡単です。ツールバーから指のアイコンを選び、ぼかしたい部分をなぞるだけです。

指先ツールを選び、なぞる

粗めのブラシで描いた影をぼかして、主張を和らげることができました。

ぼかした様子

もう一度指先ツールを押すと、ぼかしに使うテクスチャを変更できます。目が細かいほど、なめらかにぼかすことができます。

ぼかしの種類を選ぶ

また、同じところを何度もなぞると、ぼかしが強くなります。

その2:ブラシを使う

やり方

指先ツールの他に、混合ブラシや、水彩や油彩のライブブラシを使ってぼかす方法もあります。

まずライブブラシのいずれかを選びます。今回はその中の「水彩ソフトウォッシュ」というブラシにしました。

水彩ブラシを選ぶ

カラーチップを押し、透明度のスライダーを動かして0%にします。透明なインクにするイメージです。

透明度を0にする

ブラシでイラストをなぞります。透明度を0にした水彩ブラシは、水だけを含んだブラシで塗り広げているような感覚です。同じところをなぞると、絵の一部が溶けたような面白い表現ができました。

イラストをなぞる

ちなみに、レイヤーをコピーしてクリッピングマスクをかけると、イラストのシルエットを変えずにぼかすことができます。クリッピングマスクは、右のメニューから選べます。

クリッピングマスクで、シルエットを保つ

クリッピングマスクをして混合ブラシでなぞり、表面の色の変化をなめらかにしてみました。

最後に

指先ツールと併せて、ライブブラシでのぼかしも紹介しました。Adobe Frescoはリリースされたときから、「アナログで描いたような絵がデジタルで描ける」という点で話題になっていました。特にライブブラシは描いたそばから絵の具が広がっていき、アナログの絵と見分けがつかないようなタッチに仕上げることができます。ライブブラシを使うことで指先ツールとはまた違ったぼかしの表現ができて楽しいです。

テクスチャやブラシの流量、なぞり方(ジグザグに動かす、同じところを何度もこすってみる等)でも違う結果が得られるので、これからも色々と試してみようと思います。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

リスメガネ
管理人:リスメガネ

北海道在住の新しいもの好きの会社員です。

学生時代、子供向けのプログラミング教室でデザイナーとレッスン講師をしていた経験があります。

このブログでは、プログラミングやデザインの作業過程や、作業の中で発生した困りごとの解決方法を紹介していきます。

最近の記事

  1. 【Googleマップ】マイマップで引いた線を編集する方法

  2. 【Chat GPT】Figmaのプラグイン×ChatGPTに関して

  3. 【Adobe Fresco】ピクセルレイヤーとベクターレイヤーの特徴

TOP