Google マップで市町村の境界線を表示する方法

はじめに

目次

Googleマップを使っていて、ある市町村の範囲の外にあるスポットだけを選択したいときがあり、市町村界を表示させる方法が2つわかったので記録しておきます。


マップで市町村の境界を表示する方法

1つ目:市町村名をクリックまたは検索する

一瞬確認するくらいなら市町村名をクリックして出てくる赤線で十分です。

マップの市町村名をクリック

例えば、「札幌市」をクリックすると札幌市全体が入るくらいにズームアウトされ、赤線で札幌の市域が表示されます。市町村の名前を検索しても表示されます。

2つ目:マイマップで市町村界のデータをインポートする

Googleマップのマイマップは、登録したスポットや経路を一つのマップとして保存し、簡単に他人と共有したり公開できるサービスです。(共有しなくても使えます。)

マイマップには、取り込んだデータをマップ上に表示させる機能もあります。筆者はスポットを一括で登録するのによく使っています。座標の情報が入ったエクセルを読み込ませれば百単位のスポットも10秒くらいで取り込めてしまいます。

マイマップでは市町村名を検索しても、境界線は出てきません。そこで市町村の境界線のデータを入手して、マイマップにインポートして表示させます。なお、この方法では市町村の範囲だけでなく、行政区域も表示されます。

境界線データを入手する

e-Statという政府の統計局のポータルサイトから、境界線のデータをダウンロードします。以下e-Statでの操作手順です。

  1. 「地図 地図上に統計データを表示(統計GIS)」というボタンをクリックし、「境界データダウンロード」をクリック。
  2. 「小地域」をクリックし、一番上の「国勢調査」をクリック。
  3. 一番新しい「2020年」のタブを開き、「小地域」をクリック。
  4. 「世界測地系緯度軽度・KML」をクリック。
  5. 目当ての都道府県や地域を選んでいき、水色のボタンを押す。

ボタンを押すとzipファイルがダウンロードされるので解凍しておきます。

マイマップにインポート

マイマップのレイヤーの「インポート」を押して、解凍したファイルを読み込みます。

マイマップに境界線データをインポート

細かい行政区域の線も入ってしまいますが、小樽市の範囲がわかるようになりました。

横のチェックで表示・非表示を切り替えられます。

マイマップでインポートできるのは1ファイル5MBまでです。北海道全域の境界線を読み込もうとしたら、エラーとなり、ファイルサイズを見ると18MBもありました。自分が必要な市町村のデータのみインポートするのがよさそうです。

補足

「国土数値情報」という国土交通省が整備した地理データをダウンロードできる「国土数値情報ダウンロードサービス」というサイトがあります。そこでは市町村の境界を含んだXMLのデータがダウンロードできます。

都道府県別のものでもファイルサイズが大きいので、Google Earthなどで開く必要がありますが、XMLは読み込めないようなので、国土数値情報で配布されている変換するツールで、XMLファイルをシェープファイルにします。Google Earthで不要なものは削除して(ファイルサイズを軽くするため)、KMLやKMZでエクスポート、Googleマップで読み込むという手順を踏めば、市町村だけのラインになります。

最後に

市町村のみの境界線(行政区域なし)をKMLで配布している公的なサイトをご存知の方がいれば、ぜひ教えてください。

関連記事

コメント

    • しげる
    • 2023.03.13

    リスメガネさん

    こんばんは。リスメガネさんの備忘録ブログを読まさせて頂きました。わかりやすい内容で参考として活用しています。

    そこで、教えていただきたいことがあります。私は仕事の関係上スマホで手軽に管理したいため、国交省の「行政区域データ」をもちいて、Googleのマイマップに落とし込みました。そこまではいいのですが、拡大してみますと、Googleマップ上の行政区域とのずれがでてます。これは致し方ないことなのか、補正することができるのか、分かりません。お手数であり唐突な質問となっていますが、ご教授を頂きたいと思います。

    宜しくお願いします。

    • しげるさん
      コメントありがとうございます。線の編集についてですが、マイマップで表示させたラインをクリックすると選択状態になり、ドラッグで線を移動させることができます。また、白い丸をドラッグすると頂点のみ動かせます。
      別の行政区域が動いてしまわないよう操作するのが少し難しいですが、試してみてください。

    • 鈴木久史
    • 2024.03.20

    参考になりました。 ありがとうございました。

    既知かとは思いますが、「市町村のみの境界線」は下記URLを参考に作成しました。
    https://bosailiteracy.org/literacy/mymap/text/maymap-lesson00/town-polygon/

    • 鈴木久史さん
      返信大変遅くなり失礼しました。情報共有いただきありがとうございます。
      こちらのサイトは未確認でしたので、参考にさせていただきます。

リスメガネ
管理人:リスメガネ

北海道在住の新しいもの好きの会社員です。

学生時代、子供向けのプログラミング教室でデザイナーとレッスン講師をしていた経験があります。

このブログでは、プログラミングやデザインの作業過程や、作業の中で発生した困りごとの解決方法を紹介していきます。

最近の記事

  1. 【Googleマップ】マイマップで引いた線を編集する方法

  2. 【Chat GPT】Figmaのプラグイン×ChatGPTに関して

  3. 【Adobe Fresco】ピクセルレイヤーとベクターレイヤーの特徴

TOP