【Chat GPT】Figmaのプラグイン×ChatGPTに関して

はじめに

目次

ChatGPTは、自然言語処理技術の進歩によって、ビジネスや個人の両方にとって非常に役立つツールとなっております。ChatGPTは、会話の自動生成、FAQ応答、質問応答、文章生成、翻訳など、様々なタスクに応用することが可能です。

現在Chat GPTの利用方法に関して、様々な場所で議論されています。本記事ではChat GPTのFigmaでの活用について、まとめたものです。

プラグインに関して

figmaとは?

Figmaは、クラウドベースのデザインツールです。Webブラウザを通じて利用することができ、チームでのデザイン作業を共有したり、リアルタイムでの共同作業が可能な点が特徴的です。

Figmaは、UI/UXデザイン、プロトタイピング、アイコンやイラストの作成など、様々なデザイン作業に利用されます。また、デザインファイルのバージョン管理や、開発者との連携機能も備えています。

Figmaの特徴の1つは、共同編集機能です。チームメンバーが同じファイルを編集することができ、リアルタイムでのプレビューも可能です。そのため、コミュニケーションツールやメールなどでのやりとりが必要なく、より迅速かつ効率的なデザイン作業が可能になっています。

また、Figmaは多くのプラグインが利用可能で、UI/UXデザインにおける作業をさらに効率化することができます。Figmaは、フリーランスのデザイナーやスタートアップ企業から大企業まで、幅広いユーザーに利用されています。

https://www.figma.com/

Figmaのプラグインとは?

Figmaのプラグインは、Figma上で利用できる追加機能やツールです。プラグインを導入することで、デザイン作業をより効率的に行うことができます。

Figmaのプラグインには、様々な種類があります。例えば、自動化ツールやスケッチからFigmaへのインポート機能、アイコンやイラスト作成ツール、共有プラットフォームとの連携ツール、ユーティリティツールなどがあります。

Figmaのプラグインは、Figmaのコミュニティによって開発されています。プラグインの開発は、Figmaの公式ドキュメントに沿って行われ、Javascriptを利用して開発されます。プラグインの開発者は、公式のAPIを利用してFigmaの機能を拡張することができます。

Figmaのプラグインは、デザイン作業を効率化するために非常に役立ちます。特に、大量のコンテンツを扱う場合や、複雑なデザイン作業を行う場合に、プラグインの導入が有効です。プラグインは、Figmaのユーザーにとって、より生産性の高いデザイン作業を可能にします。

プラグインの紹介

Figma GPT

ChatGPTと話すことができるプラグイン。ChatGPTのウェブサイトと同じ性能を持っています。チャットのテキストを簡単にコピーして使用でき、パラメータを調整して応答をカスタマイズすることもできます。AIによるコード生成やコード補完も可能で、Figmaのプラグイン用のコードとして簡単にコピーして実行することができます。

https://www.figma.com/community/plugin/1213050091855586023/Figma-GPT

UX GPT

UX GPTは、ChatGPTによるAIによるコピー生成をするプラグインになります。好みの文章スタイルと単語数を設定してください。Open AIのAPI keyを利用しナイト使えないという点があり、同じ様にプロンプトを自分で作成してChat GPTに投げても良いかもしれませんね。

GPT Stylist

GPT Stylistは、FigmaやFigJam向けの小さなプラグインで、製品説明のプロンプトを入力すると、その内容を元にカラーパレットを生成し、一風変わったデザインを作り出します。自分では思いつかないような色の組み合わせを提案してくれるので、普配色が思いつかない様な人は是非一度利用してみも良いかもしれません!

https://www.producthunt.com/products/gpt-stylist

Cube GPT

Cube GPTは、UIUXデザイン作業のためのAIアシスタントです。クイックプロンプトを使用して、テキストの改善・翻訳や、文章を短く/長くすることができます。また、内蔵のプロンプトを使用してコンテンツを埋めることもできます。

終わりに

Chat GPTを利用したプラグインは、やはりテキストによるものが多かったです。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

リスメガネ
管理人:リスメガネ

北海道在住の新しいもの好きの会社員です。

学生時代、子供向けのプログラミング教室でデザイナーとレッスン講師をしていた経験があります。

このブログでは、プログラミングやデザインの作業過程や、作業の中で発生した困りごとの解決方法を紹介していきます。

最近の記事

  1. 【Googleマップ】マイマップで引いた線を編集する方法

  2. 【Chat GPT】Figmaのプラグイン×ChatGPTに関して

  3. 【Adobe Fresco】ピクセルレイヤーとベクターレイヤーの特徴

TOP